指の配置について ここでは、適当にキーを押してみてどのキーがどの指に対応しているのかを確認してください。


各々のキーは押す指が決まっています。
緑は人差し指で、 黄色は中指で、 青は薬指、 ピンクは小指で必ず打って下さい。


タッチタイピングの基本はホームポジションです。

ホームポジションとは,
左指が「ASDF」 右指が「JKL;」 です。

この位置がタッチタイピングの基本の位置となりますので、よく覚えて下さい。
WINDOWSなら「F」と「J」,MACなら「D」と「K」のキーの表面に小さな突起があります。 (ないキーボードもある)。それを指で常に探るようにして目印にしてください。
ここから他の段にあるキーを押すときはそのキーを担当する指を伸ばして打ち、 ホームポジションに他の指を残しておきます。そして打ち終わったらすぐに ホームポジションに戻しておきます。
すぐにホームポジションに戻すためには打つ指以外の指をホームポジションに残して 置けばよいのです。
ホームポジションから遠いキー(最上段の数字キーや最下段のキーなど)は打ちづらいので、人差し指や小指など1本でもホームポジションに残しておけばそこが支点となってすぐにホームポジションに戻せます。
これで常に一定の場所に指が置かれていることになりキーボードを見なくても 速い打ち込みが出来る訳です。
キーを打つときはポンポンと軽いタッチで打って下さい。

ご注意:
もし,タイプしても動作しない場合はキーボードの画面をクリックしてみてください。