PicoTime
現在原因は不明ですがアプリからのサーバーアクセスができなくなりました
どうもSOFTBANKの通信の制限が変わったようなので修整してver1.1にしました
1.0の方は新しいバージョンをお試しください(アプリゲットからダウンロードできるのは多分12/15頃

映画の中のコンピューターをモチーフにした時計
携帯の内蔵時計とHintClick.comのサーバー時刻を表示する時計です。
サイズ20k
ver.1.0

前から好きだったのですが映画の中のコンピュータインターフェイスってとっても面白くてわくわくします
大体こけおどしで意味がないんですけどね
でもやはりわくわく加減に良し悪しがあって邦画は全然だめ(アニメを除く)
なぜか洋画のほうが素敵です
あまりSF的でも覚めてしまうので現代に近いほうがいい感じ
でもアプリを作ろうと思って思い出そうとすると何も具体的に覚えていないのに愕然としました
■操作方法
NETのソフトキーを押してLOGINウインドウを出したら選択キーでサーバーにアクセスして正確な時刻を表示します
ごちゃごちゃと色んなウインドウや文字列が表示されますがただの飾りです
画面中央の黄色いデジタルがサーバー時刻です
サーバー時刻というのはSNTP (Simple Network Time Protocol)というプロトコルで正確な時間を刻んでいるSNTPサーバーに問い合わせて誤差のない時刻を保っているようです。
試しにHintClick.comで使っているサーバーを日本標準時と比較してみると誤差は1秒もありませんでした。
それで本当ならアプリから直接SNTPサーバーに問い合わすところをHintClick.comのサーバーに問い合わせて時間を得るというアプリを作りました。
よってサーバーが不調の場合など正確な時間にならないかもしれないということをご承知ください。 似たようなアプリはあるんですがどうもサーバーを変えているアプリが多くて問い合わせが出来ないものがほとんどでした
アプリの誤差は大体1秒あるかないかのようです。
なおサーバ問い合わせには2パケットぐらいしかかかっていません


以下のリンクはPCでみてください。
日本標準時 :比較して検証してみてください。
SNTP :@ITの辞書より
■参考になる映画(反映するのはこれから)
●サンシャイン2070
流れるウィンドウ
●ダイハード4
なかなか凝っていて種類も豊富かなり影響を受けた
Vistaをモチーフにしているような感じ
表と流れる文字列意味ありげなグラフ円形の図アラーム窓など
●エネミーオブアメリカ
画面分割ハッカー
●主人公は僕だった
導入部の主人公の習慣を実写に白でデジタル表現するのが面白い
3Dインターフェイスに枠線が慣性で揺れたりする



$F9ダウンロードはアプリゲットで


$E#友達に教える