ネットCSV出入力説明ver1.98以降
ver1.92板の説明はこちら

AU携帯のオープンアプリではSDカードが使えず、コピペも文字数が限られています。
なのでPCとのデータのやり取りができず、ネットを利用したいというご要望がありましたのでネット機能を付けました。


まず最初にCGIが利用できるサーバーが必要です
無料レンタルできるサーバーを検索してみてください


●ネットCSV入力
AUでは受信32Kの制限があるので32Kまでのファイルです

サーバーに置いたCSVファイルがリストされるので選択してください
こちらはCGI設定が必要です。
A10(1.97以降)ではダウンロードしたファイル名がファイル名になるので、同名ファイルが携帯のセルロイドにあるばあい保存で上書き保存になるので注意してください

●CSVネットURL設定
こちらがちょっと手間がかかります。
まず以下のファイルをダウンロードします
net_csv2.lzh
(以前のnet_csv.lzhは日本語半角文字化け、+記号消失のバグがあるので設置しなおしてください)
これを解凍すると
cell.cgi
csv_list.cgi
from_csv_list.cgi
という3個のファイルができます
これをサーバーに設置します
そしてcell.cgi,csv_list.cgi,from_csv_list.cgiの属性を実行可能に設定します
例えばこの3個のファイルを
http://abc.com/cell/
というフォルダに置くとすると(フォルダはセルロイドのファイル専用のフォルダを作ってください)
http://abc.com/cell/
をネットCSVURL設定のテキストボックスに入力してください

●ネットCSV出力
AUでは送信5Kの制限があるので5Kまでのファイルです

現在開いているファイルのCSVデータファイルがサーバーにアップロードできます
サーバーにアップロードされたファイルには自動的に".csv"の拡張子がつきます
ファイル名が日本語の場合うまくいかない(入力の場合のみ)のでファイル名変更でアルファベットの名前に変更してください
CGIについて
ここら辺はCGIの知識が必要なのですがネットで検索して勉強してください
CGIは使い方を間違えると危険なものなのでご注意ください
簡単に説明しておくと
サーバーに置くファイルには色々なタイプのファイルがあります。
ブラウザで読むためのHTMLファイルやCGIなどのプログラムを実行するファイル、CGIで書き込み記録するファイルなど
CGIなどはサーバーで実行するプログラムなので勝手に誰にでも実行されては困るわけです
なので各ファイルに属性があり、読む書く実行することについて設定できます
通常アップロードするだけならそのファイルの属性には実行権限はついていません
オーナーがあとから実行できるよう設定します
さてcell.cgiの実行権限を可能にするにするわけですが、telnetとか色々方法はありますが
Windowsなら[FFFTP]というソフトが便利です
ファイルを右クリックで「属性変更」で設定するだけなのでお勧めです
http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/ffftp.html
でダウンロードできるのでお試しください


■注
AUのアプリでは1日3Mに通信量が制限されているのにご注意ください

TOP